ふうどな時間+plus

うちのふうど店主良菜健母の『ほぼ日』Blog。

March 2011

ご心配お掛けしてます。

お久しぶりです!!
気付いたら、ブログ更新、一週間サボってしまってました。
昨日あたりから、周囲から、「燃え尽きましたか?」「倒れていませんか?」などど、
心配メールをいただき、反省しております。

・・・・・・、ただのサボりと春休み対応に追われていました。
(こうしてても、一応、私は三人の子持ちですから・・・(笑))

今年度のあと2日、情報センター内のリニューアルも作業中!!
近く、生まれ変わったセンターをご紹介しますね。

ご紹介といえば・・・・・、報告がおそくなりました。

『みなさんの笑顔が、愛の手に・・・・』本当になりました。
十二単体験301名様分の収益分と会場で義援金としてお預かりした分合わせて、
佐賀新聞社内にある『佐賀義援銀行』に去る3月24日、お渡しさせていただきました。

DSC_0577.jpg

                       本当にありがとうございました。

これからも何かのカタチでできることを考えて生きたいと思っています。

ところで本当にあと2日で大好きな4月1日になります。
とりあえず、あと2日でまたまた生まれ変わる気分の私です。
ワクワクしている今日この頃。
決して、燃え尽きたりしておりません。(笑)
4月1日の為に準備が忙しいだけなんです。(・・・あっ、いっちゃったっ・・・・(笑))
乞う、ご期待!!!!!!!

301名突破、ありがとうございます。

21日まで開催していた『第7回有田雛のやきものまつり』が無事終了いたしました。

そして、みなさんが笑顔で体験を楽しんでいただいた『十二単を着てみませんか?』が
なんと、301名突破!!
ほんとうに多くの方にたのしんで頂きました。

私も始めての経験で連日、今日はどこからのお客さまと出会えるのか?本当にたのしい日々を
過ごすことができました。

こちらが元気がもらえる出逢いや知らずに訪れた同級生や、和服をこよなく愛するサークルの
方との出逢いやこれから益々展開しそうで、このイベントに大切な『笑顔』があふれていたように
思えます。

『笑顔』といえば、この場面。私のとっておきの一枚になりました・・・。
294人目のお客様!!きものが大好きな4月から1年生のあいちゃんとそのおかあさん。

CIMG0146.jpgハウステンボスに滞在中、『十二単』を着るためにわざわざ有田に来ていただきました。

実は4月から単身赴任中のパパのところに、今住んでいる東京を離れ仙台に移り住む予定だった
そうなんです。
あいちゃんも新天地仙台の小学校へ入学、新しいお友達との出逢いを楽しみにしていたところに
あの震災でビックリされたとのことで、仙台入りは延期になったとのことでした。

「でも、この十二単姿をパパがみたら、すごく喜ぶよ!!」とおかあさん。
かわいいあいちゃんの笑顔は本当に忘れられません。

この十二単体験がチャリティーイベントへ移行したことを説明するとおかあさんが
『本当にありがとうございます。』と何度もお礼をいわれるんです。

これは本当に私たちではなく、イベントに参加いただいたお客さま、そして有田雛のやきものまつり
にお越しいただいたお客さまの善意です。

TVでながていた、『KIZUNA(絆)』が世界に共通語になることを感じることができたこの期間でした。

CIMG0141.jpg
                 あいちゃん!!小学校入学おめでとう!!
     有田のきもののおばちゃん(おねぇちゃんと言いたいけど)、あいちゃんを
     遠い有田の空の下で応援してるね。
     「おねさんになったら、きもののお手伝いに来ていいですか?」と言ってくれたあいちゃん。
   
     『まってるよ~~~~~。』
     
     本当に皆様ありがとうございました。また、お会いできるのを楽しみにしています。




おはようございます。

おはようございます。
今日の有田は、ちょっと雲が多いようですが、太陽も顔をみせてくれてます。

ところで!!!いよいよ『有田雛のやきものまつり』も残すところ5日になりました
昨日も遠くは北海道からもお見えいただき、
『有田焼って、すごいですねぇ~~』といわれるたびに、シリコンなしで鼻が2ミリほど高くなります。
(私が作ったわけでもないのですが・・・・(笑))

世界最大の磁器製7段座りびなを、毎日眺めておりますが、本当に見あきません。
不思議だなぁ~とも思いますし、毎日、お客さまから言われての発見があります。
(毎日、本当に勉強です。)

担当の『十二単をきてみませんか?』もチャリティーイベントとしてやっています。
どうぞ、どうぞ、お越し下さい。

第7回 087.jpg          ▲ほら、こんな感じで7段飾りの前でパチリッ!!お姫さま気分。


チャリティーイベント『十二単体験』

このたびは、東北地区太平洋沖地震で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

未曾有の危機に瀕した今こそ、日本が1つになり、1人1人が自分の立場で何ができるかを考えなければならないと思います。

私ども有田観光情報センターでは、自分たちにできることとして、被災者の方々に向けて
下記のとおり義援金を送ることとしました。
 
有田観光情報センターは現在、有田雛(ひいな)のやきものまつりを~3月21日(月・祝)まで開催中です。
町内、特にメイン会場の有田館には、多くのお客様にお越しいただいております。 
その期間限定イベントの1つとして、有田館で「十二単を着てみませんか?」という体験イベントを行っています。
これは、有田館にご来館されるお客様でご希望される方に十二単を着ていただき、
世界最大の磁器ひな人形(高さ2m70cm)の前で写真を撮ってもらおうというもので、
体験料は500円(お好きなカップを選んでいただいて楽しんでいただける珈琲付き)です。

その「十二単を着てみませんか?」をチャリティーイベントに移行し、その収益金を被災者の方
への義援金にすることとします。

これまで体験していただいたお客様はおよそ250名で、これから残りの期間に体験していただく方の分も合わせて、全ての収益金を被災地へ送ります。
これまで体験していただいた方々に私たちの思いをそして、これから「有田雛のやきものまつり」に訪れていただく方から支援の輪を広げていくため、このチャリティーイベントに多くの方々にご参加いただきたいと考えております。                        

 【開催期間 】 平成23年3月21日(月・祝)まで毎日
 【会  場 】  伝統文化の交流プラザ 有田館(佐賀県西松浦郡有田町幸平1-1-1)
 【体 験 料 】 500円(うち有田観光情報センターの収益金を義援金として被災地に送ります。)

みなさんのお越しをお待ちしております。

是非、ご覧下さい。

週末は信じられないほどの光景。
刻々とその被害状況を目の当たりにし、被災された皆様と一人でも多くの尊い命が
助かられることを願わずにはいられません。

遠い空の下からの『日本で大変なことが起こっている』と友人から心配のメールを
もらい、「世界はひとつ、今できることをみんなで・・」と改めで思うばかりです。

そんなとき、今朝はモロッコの長女から、
『「今はあなたの使命は何か?を考えなさい」と言われるが、今の状況だからこそ、
真剣に日本のことを考えることができている。今週の家族会議はこれを読んで、いま一度、
私たちにできることを話あってください。』と宿題が来ました。

そうなんです。とくに中高生に娘たちが進学してからはなかなか夕飯の時間が合わず、
毎週木曜日は絶対夕飯を一斉に食べる「家族会議の日」に設定しているのです。

朝からFaceBook に上げられたこのURL・・・、出勤前から目が腫れそう・・・・。
是非、みなさんも考え、感じてみては?これが今、私にできる一歩かも・・・。

これに伴い、木曜日に行う予定だった家族会議は、今夜!招集がかけられました。


livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 【本日、仕込みday】明日から営業。
  • 【パン教室】ざんまい………。
  • 【パン教室】ざんまい………。
  • 【パン教室】ざんまい………。
  • 【パン教室】ざんまい………。
  • 【パン教室】ざんまい………。
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC