ふうどな時間+plus

うちのふうど店主良菜健母の『ほぼ日』Blog。

August 2010

『きんぱんじゃ』と『ぬたぼう』。

今日の有田の空模様・・、スカッとは晴れていません。
しかし、まだまだ暑い日がつづく有田です。

先日、ぎおん三味線隊演奏打ち上げの際に有田に生まれそだって初めて聞いたこの言葉!!
『きんぱんじゃ』・・・・。みなさん、わかりますか?

じゃぁ~~ヒント!!(笑)
「この人はきんぱんじゃさぁ~~」と言われていた方。↓↓

100825_2118_0001.jpgこれも初めてみました(本物を・・)キセルを吸う、
武雄市観光協会さん発行『たけちゃん通信』にも登場、お隣山内町の仙人・・・(笑)
長助窯の長井のおじさまです
私のおばと非常(異常)に仲がいい、おもしろおじちゃん。

おば曰く、「こん人はきんぱんじゃやんねぇ~~」らしい・・・・。
しばらくは、知ったかぶりをして、「へぇ~~」とか言っていましたが、
もう、我慢ができんごとなりました。

みなさんは知ってました?『きんぱんじゃ(者)』=『きれい好き』なんですって!!

そうなんだぁ~~、長井のおじさまはきれい好きなのねぇ~~、って
初めて聞きましたぁ

「反対は『ぬたぼう』さぁ~~」
あれ?「ぬたぼう」は知っていたし、聞いたこともあったぁ

・・・ということはいかに、私の身の回りに『きんぱんじゃ』がいないということねぇ~~(笑)

『ぬたぼう』と『う~~ばんぎゃ~~』なモノばかり・・・・(反省)。

「ふうどな時間」ではこれからもおもしろ方言、探します!

夏も終わりに・・。

有田の夏の風物詩と言えば、各地区で行われる『ぎおん』といわれるお祭り。
地区によっては、まだまだ浮立も残って奉納が行われます。 

7月の下旬から始まり、8月にかけて行われます。
そして、多分・・、最後だと思いますが、
昨日8月25日は旧西有田地区では蔵宿区、旧有田地区では南原・南山地区のお祭りが行われました。

どちらも地区にある「天神宮さん」のお祭りです。 
今回、私は実家がある南原・南山地区(8区)に行ってきました。

・・・というのも、実は今年、私の父が注連元(しめもと)で一年前に実家の床の間には、
金の『御幣(ごへい)』を預かり、色んな神事がおこなわれたようです。
 RUNらんラン 001.jpg
庭には注連元ののぼり・・・・、とこういう行事が残こしていくべきだなぁと感じました。 

100825_1851_0001.jpg
そして、この『御幣』とともに色々な資料も回ってきていて、
その中に地区のどの方が注連元をされたかの記録があり、ビックリ!!
自分が生まれ育った地区ながら、なんだか感動しました。 

そして、神事だけではありません、地区のお祭りとしても大盛況!!
「夏の夕涼み・・・いい風土(ふうど)な時間」を過ごすことができました。
 
RUNらんラン 003.jpg
もちろん、『フード(ふうど)な時間』も・・・、楽しみ・・・いや、たべました。
ぎおんにはこれですよ・・・・・、おいしかったぁ~~~。
 
100825_1842_0001.jpg

食いしん坊レポート?『秋・・・・。』

昨日、テレビを見ていたら末娘が「えっ?えっ?なに?」となにやらブツブツ。 
聞いてみると・・・・、
「さっきCMで『秋!』紅葉がいっぱいついたパッケージの宣伝があってたよぉ~~、
おっかしいよね、こんなに暑いのに『秋』なんて!」 ということ。

こぱん 033.jpg
「いやいや、次代は先をいかなければならない。
もう!来年の春夏の流行色も発表されてるんだよぉ~」と
ディスプレイ講座で先生から聞いた話を教えてあげました。


そう、秋!ですよ。

 いよいよ、私も今週から『秋の有田陶磁器まつり』の飲食店期間限定メニューのリーフレット写真撮影開始です。 第一日目(23日)は5軒との打ち合わせです。 

それに今回は新しい店舗も加わりました。 
西九州自動車道 波佐見・有田ICから車で2分カフェれすとらん 『こぱん』さんです。
 



こぱん 001.jpg


外見もかわいいですが、迎えてくれる花壇も
かわいい・・・。
そして、中もまったりできる店内です。 





こぱん 011.jpg
こぱんさんは、ふわっとオムライスやハンバーグ、
自家製カレーが大人気ですが・・・・・、

秋の有田陶磁器まつりには
有田ならでわの食材を利用した特別メニューを
『秋のこぱん有田膳』がご提供されます。
この景色で頂くランチはサイコーですよ!
 


わぁ~~、楽しみ!芸術の秋、読書の秋、
そして・・・食欲の秋ばんざ~~~い!
 

  『秋の有田陶磁器まつり』は平成22年11月20日(土)~24日(水)開催
  こぱんさんのメニューは、「秋のこぱん有田膳」 ¥1000です!

深~~い、深~~ぃもの。

土曜日は、私も楽しみ カフェ講座に行ってきました
朝10時から16時(うち休憩1時間)まで、全五回というこの講座。
ほんとうに美味しいんです!・・・いや、深いんです。これが!!
 
コーヒーの味の表現なんかで深い味わい…』とかいいますよね~。 
第一回目の講座では、トリップコーヒーの入れ方
東京のKEY Coffeeから マイスターの先生がお見えになられてご指導いただけます。

100821_1209_0001.jpg
こんな↑↑↑感じに本当に丁寧に且つ、綺麗に入れるんですよ。コーヒーってものは!!! 

コーヒーって、本当に深いのは味だけでなく、美味しくいれる技も深い!
しかし・・・、その繊細な気の配り方でアタマの中がぐるぐる回っちゃいそうです。 

で、第二回目の講義は「アイスコーヒー」と「アレンジコーヒー」。

『ただ冷やせば、いい』ってものじゃぁ~なかったぁ(汗)
目からウロコの連続と今までの自分のやり方がかなり『しちゃいけないこと』をしていたことに
先生の講義を聞くだびに胸がキュンとします(笑)。 

100821_1243_0001.jpg
↑↑これは蜂蜜、泡立てミルクとのアレンジコーヒーで『カフェコンレーチェ』です。
このレイヤー(層)が素敵!味も素敵でした。 

100821_1228_0001.jpg
             ↑↑そして、これ↑↑、なんの器具かわかりますか?
                私は初めて見ましたし、初めて知りましたぁ!

「カフェオレ ポット」だそうです!
本格的なところで、カフェオレを頼むとカフェボウルとこのポットが出てきて、
混ぜ合わせるらしいのです。
右手に持つポットにはコーヒー、左手に持つポットがミルク。

カフェボウルの中にコーヒーシュガーを予め入れてあり、パフォーマンスではなく、
すこし上から空気を混ぜながらボウルの中に注ぐというやり方なんですって!! 

でも、みなさんも不思議に思われたこともあると思いますが、
オーレボウルには取っ手がない!!
これは、その昔、古伊万里の器が使われていたということ・・・、(お碗の流れ・・?)
『そうなんですよ。有田は本当にこのコーヒー(オーレ)文化にも、関係が深いんですよ。』
と先生が話されていました。 
そして、このオーレボウルを作るように依頼され、ヨーロッパで初めてボウルを
製造したのがドイツのマイセンとか・・・・、

                   もぉ~~、ほんとに深い!!

リクエストされた、ふうどなセット。

神戸に知り合いがいます。
神戸といえば・・・・、『神戸牛』。

ということで 毎年夏と冬に食べ盛りの我が家にぴったり、牛さんにビールを飲ませて
『サシ』(霜降り)を入れるという、その『神戸牛』が送られてきます。
佐賀牛もおいしいけど、年に2度ぐらいはあのこってりの神戸牛もたまらなく食したくなります。

そんな神戸のおばちゃんからもリクエストはこれ!!
いわしのちくわ・・・・・、いやゆる『黒ちくわ』です。


100819_1855_0001.jpgこのちくわが非常に神戸のおばちゃんの近辺で大人気だそう!
『えびで鯛を釣る』とはこのことか?と毎回思います(笑)。

100819_1855_0002.jpgあと・・・、私が非常にオススメの『佐嘉平川屋の温泉どうふ』。
豆腐と専用の温泉水。これがとろけるんです!!我が家でも大人気商品。
今回、初めて荷物に入れちゃいました。広島の友人はこれが大好き!
広島からはこのリクエストが来ます。
 
これに五島うどんとあごのだしをいれて、『ふうどスペシャルセット』です!!

ん?有田といえば・・・「ごどうふ」では?と思われたでしょう?
最近はごどうふも地方発送を承れますが、私のこだわり!

『ごどうふを食べたいなら、やっぱり有田に来てね』ってことです!

でも・・・、ちくわはよかったにしても、湯とうふは・・この暑い時期に迷惑だったかなぁ~~(笑)

記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 【本日、定休日】クリスマス大作戦!
  • 【本日、定休日】クリスマス大作戦!
  • 【本日、定休日】クリスマス大作戦!
  • 【本日、営業日】本日より販売!
  • 【本日、営業日】本日より販売!
  • 【本日、営業日】幸せの黄色い………,
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC