ふうどな時間+plus

うちのふうど店主良菜健母の『ほぼ日』Blog。

紅葉情報 1

  ここ2、3日、昼間はとっても気温が上がりますね。
紅葉するには朝晩の気温の差が重要なカギを握るようですが、まだまだ、朝晩の冷え込みはゆるいかな?
・・・ということで、「有田紅葉情報センター」調査員(もみじ担当)をこの度、任命されましたので、
早速、調査に出かけていきました。本日の現場は『有田町歴史民俗資料館』と『陶山神社』の紅葉状況。

秋の有田陶磁器まつりのリーフレットにも鮮やかな紅葉を見せてくれている歴史民俗資料館。
ところどころ、日が当たる場所には色付き始めているのでしょうか・・・?。
 1028歴史1.jpg
           でも、まだまだですねぇ~~。では、リーフレットの(あの)アングルでは・・・、

091028歴史2.jpg               まだまだ、「木漏れ日がきれいねぇ~~」と、いう言葉が先に出ます。
           ( 「いいよぉ~~、11月中旬に合わせていこうねぇ~~~」。)


   次は陶山神社です。ここは毎日(目標で)、紅葉色づき情報 を更新している観察場所です。
091028陶山1.jpg
こちらも境内の日が当たるところは色づき始めているようです・・・。でも綺麗だろうなぁ~~奥の池の周辺は
                 まだまだ・・・。(「いいよぉ~~、11月に合わせて行こうねぇ~~~」。)


091028陶山2.jpg     これから,とても綺麗な磁器・・・いや、綺麗な時期をむかえ始める有田。とっても楽しみです。



今夜は有田ポーセリンパーク の方で、歓送迎会(親睦会?)があり、いろんな情報交換の場になり、楽しい時間を過ごすことができました。
    本当は、出席メンバーの「頬の色づき情報」を流したほうがよかったのかなぁ~~~(笑)。
     では、リクエストがあれば・・・・・・。

有田んテイクアウト?

今日は久々早い時間に家にたどり着きました。
明日の夜は留守しなければいけないので、家族の協力を得る為に下から出ます
『なにか、食べ物でリクエストはある?今夜は時間がありそう。』
そしたら、「明日の朝食は、ハンバーガー(バンズ)を食べたい!」と三女が言い出した。

というのも、先日、パン教室で習い、初挑戦のハンバーガー用のパン、これがおいしいんです。(自分でいうのもなんですが・・)
では、ナニを挟む???家族会議。
『今回はこれで決まりだ!!ありたどりを挟もう!ドンドンバーガーだ



s25-ドンドン.jpg


有田の方はご存知ですよね?でも、有田の方でない人の為に解説をしま~~す。
から揚げドンドン 』です。有田町庁舎から伊万里に向かって、400mほど行ったところでファミリーマートの向かいにあります。
今回はありたどりの『メンチカツ』ともう一種類『スパイシーチキン』を挟む提案がされ、家族全員の同意も得られましたので、明日の朝がとても楽しみです。









ということで、さぁ~~パンの仕込み、夕飯と同時進行。明日を夢見て・・・・・。
家族5人なのに、いつも大量に作ってしまう私・・・・。そうこうしていると焼きあがりました。


そして、夜10時に試食品が完成しました。不摂生とは思いますが、この出来たてがたまりません。
提案者の眠りと同時に私たちと中学生が試食!!満場一致で『オイシイ!イケル』。
しかし、「パンが美味しい」と言ってくれているのか?「から揚げドンドンさん」が美味しいと言ってくれているのかは、宇宙平和の為にあえて追求しないことにします。きっと、どちらも(自分でいう・・)。




実はパンの粉は宮崎県綾町のフランスパン用粉、バターは北海道のあの『よつ葉バター』・・その他、全て国産(九州内産)でがんばってます。
そして、バーガーの中身、もちろんですよ。上がメンチカツで、下がスパイシーチキンです。

s25-バンズ.jpgs25-バーガー.jpg
『本当に美味しくってごめんなさ~~い!』といつもの決まりセリフ・・・・。(笑)
でも、実はこのセリフ・・・・、『から揚げドンドン』さんの店のヨコの看板のパクリセリフ。
これが、目印です。ほんとうに、おいしんです。ごめんなさい。
から揚げもたくさん種類はあるのですが、実はポテトの量が100円とは思えない量!!
これもオススメですよ。ちなみに『から揚げドンドン』ホームページより、『クーポン券』を印刷して来店すると、1000円以上お買い上げのお客様は100円分のポテトがサービスです。サービスですよ!!

s25-ポテト.jpgs25-看板.jpg
            是非、秋の有田へお越しの際はこの看板をめざしてみてはいかがですか?


わたしは、つぎは「ありたどり」こってり照り焼きに佐世保○屋のサンドイッチのマヨネーズを合わせたモノを試作します。このマヨネーズは高校生の時、研究。周囲をうならせた評判(家族内で・・・)の味です。  これからもいろんな有田んモンをテイクアウトし、サンドしたいと思います。


目線・・・。

最近、秋の有田を楽しみにしてらっしゃるお客さまから、紅葉の進み具合を尋ねられることが多くなってきました。情報収集と発信が私たちのお仕事、すこし山に目線をやりながら、過していこうと思う今日この頃です。しかし・・・、まだ、ちょっと紅葉はまだみたい・・・。

s25-う~たん.jpg

・・・と思っていたら、山のハゼの木の赤がとても鮮やかです。
近づきたくはない(私・・・、まけてしまうんです。)が、有田の山を飾ってくれます。


(情報センター前の道向かいの山です。)



・・・・と、後ろを振り返り目線を変えてみると・・・・。

7月まであった有田町東庁舎(旧有田町役場)、きれいに解体されて、目線・・・・視界が広がりました。今日も、アスファルトの撤去です。後ろ側にあったヒイラギの植栽も撤去。             
 

s25-東.jpg



ずいぶん、変わるもんですねぇ~~。しみじみ思います。
そういえば、コスモスも咲いてたなぁ~~。よ~~く目線をやると終わりかけのコスモスが。救助です。
ハサミを持っていき、「頂きます」(きっと、作業をしていた方は『なんて、こころの美しい人だぁ』とおもっているんだろうなぁ、などどいやらしいことを考えながら、事務所に戻ってくると。
やっぱり、花はいいねぇ~~~。優しい気持ちになれます。一足先にスタートを切られるう~たんさんを訪れられるお客さまをこころから迎えようと改めておもいました。
s25-ハゼ.jpgときには・・・いろんなところに目(目線)を向けて見ようと本当に思う今日この頃。



今日のテーマ『目線』といえば、広報を担当している岩永さんより、面白い写真をいただきました。
先日、取材にして頂いた『ため池干し』。
娘がゲットした鯉に注目!!!なんと、カメラ目線です。(これがオチです・・・・、違う?笑)
s25-IMG_0573.jpg10月もあと少しで終わります。今週から有田各所の紅葉情報を収集していきます。




                       
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

「有田」っていえば、何色?

最近、何かと色が気になりますよねぇ~。「秋は色・・・、そんな季節なのかしら?」などと思っていたら。

あぁ~~っ!8月に、わが『有田観光情報センター』設立記念に、あるモノを作ろうとおもって、用意していたモノがあったことを思い出した
8月に佐世保に買出しに行き、素材は決まっていたがなかなか色が悩みどころ・・・・。
そこへ、「なにをお探しですか?」って、相談にのってくれる天使の登場。
「有田のイメージの色ってどれですか?出来れば2色、このなかから選んでください!」
その純粋な真剣な私の瞳に負けたのか(?)、他の店員さんも呼んできて相談・・・。
(忙しいのに、本当にすみませんねぇ~~、佐世保△西沢のスタッフの方々、ありがとうございました。)
・・・・・・・・で、『これ!!』と自信たっぷりにお2人が推薦頂いた色目は↓↓コチラ!!!
s25-布.jpg白系と藍色系の2色でした
そうかぁ~~、「有田」っていえば、何色?って言われたら、真剣に考えますね。
それだけ他の方たちまで巻き込んだのに、計画書と一緒にきれいなまま収納。(反省)
では、これから作業再開します。私は時間が経つとダメなんです。即、行動のタイプだから
・・・・・って、すでに2カ月あまり経ってますね(笑)。まぁ、がんばります。

  s25-裁断.jpgs25-ミシン.jpg                                 
でも、よく考えると店員のおば様が「染付」をイメージして頂いて、よかった。
これが、「やっぱり、有田は炎の赤でしょう 」というような熱い方だったら、どういうものが出来ていたか(笑)案外、想定内の回答でほっとしたことは事実です。

 完成を乞うご期待!!                           

「おいしい(美味しい)秋みつけた」・・・。


本日は有田は歴史と文化の森公園で「有田秋まつり」がありましたね。
『佐賀県産和牛まるごとバーべQ』や『ふるさとを食する』新鮮素材試食会、町民総踊りと
結いの心が♪おどる♪、そんなひとときだったのではないでしょうか?
それもこれも、それを準備されたスタッフの方たち、出場者となって盛り上げられる芸達者な役者さんたち、そしてなにより地域のまとめ役の役員の方、奥様たち、婦人会、婦人部の方たち、地域の皆さんのおかげ。本当に今日1日、本当にお疲れ様でした。



s25-門紅葉.jpg
ということで、今日は日曜日・・・・。
日曜日といえば、『サザエさん』。休日が過ぎ去る切なさを堪えながら、見ていたら。第2話が「おいしい(美味しい)秋みつけた」でした。これはイケル!今日のテーマは・・・・、
でも、待てよ、ここまで毎日食べ物のことだったら、(ちょっと古いが)『どんだけ~~~』という声が聞こえそうなので、『味』をとって、『美しい秋みつけた』に・・・。
でも、「秋を感じる今日この頃です・・。」とか言いながら、なかなかもみじは紅葉をしてくれず・・・・、と思っていたら、『ありました!我が家の庭に紅葉し始めた剪定いらずのこのかわいい樹が!』
どうですか?赤!!!つわの花も今、我が家の庭は満開です。

s25-秋風景.jpg

そして、もう一発!!
裏山(丘)です。少し離れてみると「お花畑のよう・・・・
お花畑には違いはないかな・・・?背高アワダチソウの黄色とススキのふわふわ感たっっぷりの白。
花粉症のない私にはとっても、きれいな風景です。
でも、画像で見えるかな~~、もうひとつここできれいなのは「たわわに実る柿たちの柿色」。
毎年、気になるのですが、ココはひらくち(まむし)の目撃証言が多くあるところ。本当に、柿色が田舎の原風景の秋の代表色かもね~~。と食より色に感動した私がおりました。




・・・・・・「ん?」待て・・・・、やっぱり、私って、『花より団子系ですか?』


秋の『ふうどな時間』

秋の実りに感謝するこの時期、風土を感じる場面がたくさんあります。

今日は、おじちゃんたちと子どもたちが『ふうどな時間』を共有しました。

そんな場面をご報告しま~~~す

s25-DSCF0549.jpg
子どもたちは半そで、短パン。おじちゃんたちはバッチリ、防寒・・・、監督さん3人(?)。



s25-DSCF0555.jpg有明海の干潟ではございません・・・。地区のため池の『つつみ干し』、コイやフナ、うなぎをゲット!



s25-DSCF0559.jpg
ひと仕事のあとは・・・、『どろ合戦』です。



s25-DSCF0573.jpgおじちゃんたちは、「よかお見合い写真ば、撮ってやるぞぉ~~」と最後まで手をよござず(笑)。
「そいなら、おじちゃんのよか愛車(軽トラ)ば、よごしてやろうかな~~



s25-DSCF0578.jpg朝9時からの「バーベキューの食材(うなぎ)調達」から、お昼からのバーベキュー、公民館よこのモミ殻山付近での基地づくりと、おじちゃんたちと子どもたちの『ふうどな時間』は、夕方5時過ぎまでありました。
自分の子供は成人してしまったおじちゃんたちもこのときはいつも参加し、ひさしぶりにいじり合える、素敵な時間。
本当に地域で子育てをしてもらっていることに感謝します。
今日は、楽しい、そして美味しい秋の『ふうどな時間』だったことでしょう


陶助おこしはココで買える。

     陶助しおり.jpg                        


『初代陶助創業以来百数十年家伝の秘法として
作り上げてまいりました。
当製品の形状も昔のまま斬新なもので、原材料
も特に吟味致しまして、製法も特殊な手作りの
方法で仕上って居ります。
口の中に入れると、とろけてしまうようなもので
風味もナマの生姜を使用して居ります。
おみやげに御進物に皆様のご好評をいただいて
おります。』  


               (陶助おこし栞より引用)

(有)寿食品陶助堂 有田町泉山 ?0955-42-4411



・・・・ということで、本日皆様に正確にお伝えするため(また、食べる為・・(笑))。ご主人の前田さんにお電話しました。あの味でこれは!!!安い。
             

             お土産に人気  10ヶ入り・・・・・・・700円(税込)
                化粧箱入り 15ヶ入り・・・・・・1100円(税込)
                化粧箱入り 25ヶ入り・・・・・・1700円(税込)

賞味期限は「よりおいしく美味しく召し上がっていただける期間、2週間」と九州一周旅行をしている途中に有田に立ち寄られて買われても、大丈夫です。2週間は特徴の生姜の風味が特に良い状態でお伝えできる時期ということ。


  陶助おこしをお買い求めになりたい方は、製造元本家 (有)寿食品陶助堂(国の天然記念物 
大公孫樹近く)で買って、そしてすぐ食べれます。(たべたいなら・・・)

でも、なんと言っても陶助おこしを有田んもんが好きなのはまた、そこに人の歴史があるからかなぁ?




             私の教科書、『おんな有田皿山さんぽ史』に紹介されていました。
おんなのさんぽ.jpg
『おこしで評判だったのは上幸平の「藤助(とうすけ)おこし」でした。明治のころに雪竹藤助・たけ夫婦が始めたものでした。砂糖の代わりに水あめで甘味を出したのが特徴で「口の中でとろけるようにうまい」と評判でした。それを娘のあさが継ぎ、昭和二十五、六年ごろまで作っていましたが、跡取りがなかったため知り合いの前田よねと息子の光春に教え、光春が「白磁おこし」と名づけてはじめ、五十二年ごろから「陶助(とうすけ)おこし」と改めて本格的に作るようになりました。いま来客用の茶菓子としてうけています。また雪竹方の近くに宮田ハツという器用な主婦がいて、昭和二十一年ごろから「陶助おこし」に似たおこしをつくり始め、昭和三十年ごろまで主として土産用に注文を受けていました。』
      
        (おんなの有田皿山さんぽ史より引用)

 
 
なんか、素敵でしょ?そんな背景を語りながら食べる有田んもん。是非、とろけて下さい。(?)

最後にご主人が「どこで売ってるとか説明せんでも、11月21日(土)からの秋の有田陶磁器まつりに
大公孫樹の紅葉ば見にきたら、見ゆっところで売りよっけん。まぁ、行ってみらんね。って言いんしゃい」
と言われました。
  「そうばいね、ほんて。しかし・・・・、有田弁ば活字にすっとはむずかしかバイ!」



陶助おこし

 旦那「なんそれ?」
  妻 「陶助おこしけど、それが何か?」
 旦那「で、それなん?どこの御菓子?」
  妻 「え~~、もしかして、知らない?有田の銘菓たいね。」
 旦那「どこで製造しよらすと?」
  妻  「樹齢1000年高さ40メートル、国の天然記念物、あの「大公孫樹」の近くの・・・・・、
     って、あなた!独身の時にあの「銀杏荘」に住んでたやんね。そのヨコ!!」
佐世保出身の主人は寝泊りするだけの住まい「銀杏荘」にそういえば住んでいた、20年程前にも
すでに築年数経っていたアパート。その雰囲気がすごく思い出にある「銀杏荘」。


そうでした。今日は「銀杏荘」の話題ではなく、走れ!ありたファンさんから、「本日までの賞味期限だから遠慮なくどうぞ」と頂いた陶助おこし。
陶助おこし.jpg
佐賀市内出張からまだ戻らないありたファンさんに内緒で、こっそりウチに(ひとつだけ)持って帰ってきたら、このおいしい陶助おこしを食べたことがない旦那が

 妻 「しょうがない・・・、食べてみんしゃい
旦那 「なに!この新食感!しかも、柔らかいし、しょうが・・・?しょうがの味が
    美味しい。そして、紙が破れている・・・・、いや、これはなつかしのオブラート

・・・・・こうやって、一生懸命作った夕食への評価が、こっそり持って帰った1つのまんまるな陶助おこしに奪われてしまいました。(四十過ぎての新食感なら仕方ないね

おこし盛.jpg是非、みなさん秋の有田陶磁器まつりで有田へお越しの際は、食べてみてください。

「あれ?1つだけ持って帰った」・・・て、「はい!実は・・・・」って、事務所で持ち帰る前に撮影完了してたんです。
今日のブログネタは「陶助おこし」。
私の教科書、『おんなの有田皿山さんぽ史 』に陶助おこしのことを書いてあったから、
それを取り上げよう!と思ったら、思いがけない身近な反応があったので小出しにして、明日に引きずって行きます。

では、明日「陶助おこし」の本当の味わいに迫ってみたいと思います

毎月ハツカ・・・。



s25-台所から.jpg
この長閑な風景は我が家の台所から見える風景です。

竹林が見え、近くのおじいちゃんやおばちゃんが丁寧に

手入れされている畑とわが家の鍋の材料が育っている自

家菜園、そして、いのししのワナもあり、鳥の声が

響きわたる。私の大好きな風景です。

風土を感じるでしょ?






 もう一つ、私が大好きな時間 『毎月20日 班会』です。

隣保班12軒が月番の家に集まります。 
まずは仏壇に100円づつ賽銭をあげて、三つ指ついて営所(月番さん)の方に「お世話になります。」とあいさつ。
そして、外のみなさんに三つ指ついて「みなさん、こんばんわ」。来たそれぞれがこの儀式(?)をして、
自然に年功序列にテーブルを囲むんです。
班会はきっと、有田でもやってるところは少ないと思いますが、区費の徴収と年に一度のお食事会の為に積み立てる分の集金を行なう(少し前までは水道料や集合税も集めていたとか)、合理的なシステムです。
なんだか、私・・・、これが好きなんですよねぇ~~。
年齢を越え、テーブルの継ぎ目も越え、一つの話題で盛り上がる、そして突然、ひらめいたネタがウケる
(ちなみに時々、「今のネタ、素人の域を超えているね~」といわれます(笑)とにかく、越えまくり!たまりましぇん

 昼間仕事に出ている若嫁さんとは近くに(・・といってもお隣さんが少し遠い?)住んでいても
なかなか顔をあわせないから、募る話で昨日も平日にもかかわらず、11時過ぎにお開き。

まぁ~~、お菓子や果物、お漬物で、政治の話から、健康の話。そして、地球を救う為には・・・と
「面白い!旨い!すごい!安い!高い!ひどい!太い!」多岐にわたる話題で盛り上がります。
どれだけ、話題があがるか発表したいくらいですが、覚えている話題を少し・・・。

?今の政権で日本の未来はどうかわるのか?
?マスコミによる刷り込みに惑わされないよう、家庭でも世代を越え、国の有り方を話すべき
?とろろこんぶがいいらしい・・・・。(多分、ダイエットに)
?新型インフルエンザ流行
?本当に馬鹿は風邪を引かないのか?でもインフルは医学的には「風邪ではない」
?玄米食は本当に健康にいいのか?
?この下内野だけでも、生き延びていけるようにコミュニティーをしっかり構想化しよう。
?予防接種の時に見せる「二の腕」、”タポンタポン”と”ギスギス”のどちらが出してはずかしいのか?
?少し太っていた方が長生きするらしい・・。
などなど、ほんとうにこの順番であっち行ったり、こっち行ったり、真面目に話しているみなさんがほんとうに
かわいい・・・(表現がおかしいかな?)。

 月に一度の女の密かな楽しみ。 「我が下内野から、幸せを発信しよう!」「お~~っ!
「来月までに幸せになるにはを考えてきましょうねでは、11月20日にまたね。」でお別れしました。


器を楽しむ。

昨日の続き・・・・、
保名.jpgs25-陶箱2.jpg










 皿山まつりの後のお疲れさん会で行った、有田駅から歩いて10分。

保名さんの陶箱弁当。弁当・・・といっても本格的な懐石仕立てなので老若男女、お茶からビール、
焼酎にいたるまで、なんでも合うし、しっかり器も時間も楽しめるとても素敵なお品の1つです。
s25-仕舞い.jpg
個室もありますし・・・、こんな大きな部屋まで
あります。本当に、素敵な空間です。
素敵といえば・・・、奥様がとってもきれい。
ちなみに私、漢字が違うけど、お名前が一緒。
この名前に悪い人はいないのよねぇ~~
有田に来られる方に有田の楽しみ方として、
やっぱり、器をたのしんで頂きたいもんですね。
ほんとに・・・、駅からも近いし、是非、行ってみて下さいね。

なんだか、今日はまじめに(私にしては・・・)書いてしまいました。


おっと、いけない・・・。今日は20日、毎月隣保班で夜8時から家持ち回りで行われる班会の時間です。
さて・・・、今日はどんな自慢のお漬物と話題が出てくるのか、楽しみです。
昔からいう、『お茶講仲間』の寄りですね。では、行って参ります。
では明日、ウチの地区の最新情報をご紹介することにします。


記事検索
プロフィール

fuudotime

ギャラリー
  • 【1dayレッスン】クリスマス2018
  • 【1dayレッスン】クリスマス2018
  • 【1dayレッスン】クリスマス2018
  • 【本日営業日】告知の告知
  • 【本日営業日】我が家の紅葉情報
  • 【本日定休日】家を楽しむ
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC